女性がモテるために必要な話し方と言葉遣い【5つのテクニック】

女性として見てもらえない!友達止まりが多い!

いつも、「◯◯は友達としているぶんにはいいなー」と評価はされるものの女友達として、とか男なみにイジられたり、暴言を吐かれたりとそもそも女として扱ってもらえないとかって心当たりありませんか。

また、反対に顔もスタイルも普通なのにやたらと女性として扱ってもらえ、モテモテな雰囲気を出す女性、あなたの周りにいませんか?あなたもそのポジションに行きたくないですか?そういったモテる女性にはどの女性にも共通点がありました。それが「言葉」です。モテ女特有の話し方や言葉遣いをマスターして、あなたもこれからモテ女になりましょう。

 

モテ女の5つの話し方と言葉遣い

常に表情を意識

まずは表情。常に口角を上げるようにしましょう。話している時は常に口角をあげて、ほほ笑んでいるような表情を意識してください。可愛い表情で、しっかり相手の目を見て話をしたり聞いたりすると、男性は気分良く話をどんどん続けたくなるものです。

モテ女子は常に可愛さと健気さをアピールしているもの。自分が一番魅力的な表情をしっかり押さえておきましょう。何にせよ、いつもニコニコした雰囲気でいることは、とっても大切なことですよ。

また、表情筋を動かすことにより肌のたるみ解消にもつながるので一石二鳥ですね。

 

話すスピードを意識

早口でまくしたてる機関銃トークは絶対にやめましょう。落ち着いてゆっくりと話をすることを心がけてください。その際少しだけ語尾を伸ばすようにして話すと良いでしょう。それだけで、男性はあなたにふんわりとした穏やかなイメージを抱いてくれるはず。男性は、常に女性に癒やしを求める生き物です。

ゆっくり話すことで、相手はたくさんしゃべってくれますし、安心と癒しを感じて、あなたに好意をもってくれるはずです。

 

地域性は武器

地方の人や、地方に住んだことがある人は、たまに方言で話すのも効果的。「方言萌え」という言葉があるように、ちょっとした女性の訛りにキュンキュンする男性は多いものです。普段は普通に話しているのにふとした拍子に出てくる方言、そのギャップに男性はドキッとするのです。

ポロっと方言で話してしまった後に、照れたように笑うとさらに効果アップです。彼はあなたにときめいちゃいますよ。

 

汚い言葉は友達だから

「ウマイ!」ではなく「美味しい」。「ビビる!」ではなく「びっくりした」。また、「ウザい」「キモい」なんて攻撃的な言葉を出してしまうと、裏でもそんなことばかり言っている人という印象を与えてしまい、信頼性まで失ってしまいます。正しい女性らしい日本語を使うように意識しましょう。美しい言葉遣いができる女の子は、それだけで見た目も美しく見えてくるものなのです。親しみやすいイメージを作ろうと、男言葉を使っていると、相手にガサツなイメージを与えてしまい、全くの逆効果です。毎日意識していれば、自然にきれいな言葉遣いが身に着きますから、今日から早速気をつけてみましょう。

 

否定的な言葉は避ける

どんな話でもまずは聞き役に回ることを徹底するため、「そうだね」「すごいね」など、あいづちは全て肯定的に、また、相手を褒めているようなニュアンスで伝えると効果的です。そうすると相手は気分が良くなってどんどん自分のことをさらけ出すようになりますし、もっともっとあなたと話がしたいと思うようになるはずです。

また、相手の話はうなずきながら最後まで聞くようにしましょう。彼に「あなたのことを理解しようとしていますよ」と伝えることで、好印象を与えることができますよ。

 

あなたは気にしなくても男性は結構気にする

男性は女性以上に細かな部分を気にする生き物です。女性同士であればサバサバした女性がウケやすいのも事実ですが、男性は真逆です。女性らしい女性が好まれます。かと言って女性同士と男性同士の前で区別するのもやっかまれます。人間って面倒くさいですね(笑)

女性でも男性でも対応が変わらないように徐々に女性らしさを出していくようにし、これから出会う人には全力で言葉遣い、話し方を気をつけましょう。

恋愛の方法がわからない方へ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA