男性人気職業:ウエディングプランナーと出会い方はこの3つ

彼女にしたい職業TOP5に入るウエディングプランナー

ウエディングプランナーは仕事内容が多い!

結婚式をプロデュース

ウエディングプランナーは、結婚を控えるカップルの結婚式をプロデュースする仕事です。結婚式を開くとなれば、予算や日取り、衣装、招待状の手配など、決めるべきことがたくさんあります。

ウエディングプランナーは、お客さまの意見や要望を聞きながらそれぞれに対して最善の案を提案し、素晴らしい結婚式になるようトータルでサポートしていきます。

ウエディングプランナーの主な勤務先は、ホテル、結婚式場、レストラン、ウエディングプロデュース会社です。なるための公的な資格は存在しておらず、どの職場で働く場合でも業務内容にさほど違いはありません。

なお、職業名は「ブライダルプランナー」「ブライダルコーディネーター」「ブライダルプロデューサー」などと呼ばれることもあります。

ウエディングプランナーの仕事内容は、大きく以下の3つのステップに分けることができます。

提案・営業

結婚式場の見学に訪れるカップルにヒアリングを行い、会場の案内をしながら、ここでどのような式を挙げることができるのか提案・営業をします。

カップルはいくつもの式場を回って比較検討するため、自社で式を挙げてもらえるように魅力的なプランを提案します。

お客さまに選んでもらうためには、「どんな式にしたいのか?」「予算はどれくらいか?」「こだわりはあるか?」などを丁寧にヒアリングすることが大切です。

事前準備

式を挙げてもらうことが決まったら事前準備に入ります。

お客さまの要望を聞きながら、日程、予算、式の詳細(式の進行、料理、ドレス、BGM、式場のレイアウトなど)を詰めていきます。

また、式当日の司会者の選定・手配や照明・音響係の委託発注、料理の手配などを、スタッフに正確に指示していきます。職場によっては自分が行う場合もあります。

一般的には数ヵ月前から準備が始まり、式当日まで何度も打ち合わせを行います。話を詰めていくうちに、お客さまの要望にも変化が出てくるためです。

また、新婦のヘアメイクを相談・決定したり、「前撮り」という形で結婚式の写真を事前に撮るケースもあります。

打ち合わせの日取り決めや連絡も、プランナー自身が行っていきます。打ち合わせ以外のときでも、招待状や引き出物の選び方など、細かな新郎新婦の要望や質問には随時対応します。

結婚式当日

ウエディングプランナーにとって一番の大仕事は結婚式当日です。手配している全てのものが届いているか確認し、時間通りに式を始められるよう会場全体に気を配り、各スタッフを動かしていきます。

事前の準備通りに式場がレイアウトされているか? 司会者は進行内容をきちんと把握しているか? BGMはきちんと流れるか? など、チェックすべきことは山ほどあります。

式の本番では、どんなトラブルにでも対応できるように、会場の脇で進行をチェックしながら立ち会います。

長い準備を経て、無事に披露宴・結婚式が終わったときが、ウエディングプランナーの感動の瞬間です。

式が無事終わった後も休む暇はありません。後片付けの段取りを指示し、また次のお客さまとの打ち合わせの準備に追われます。

プレッシャーの大きな仕事ですが、「新郎新婦を幸せにする」という魅力にあふれており、人気が高い職業の一つとなっています。

 

ウエディングプランナーはこんな人が多い

マナーや礼儀が備わっている

ブライダル業界は他の業界に比べて、マナーや礼儀に関して非常に厳しいルールが設けられています。

公的な資格がない分、未経験での就業も可能ですが、就業先であるホテルやブライダルコーディネート会社では、非常に高いレベルの接客やサービスが求められます。

人を喜ばせることが好き

ウエディングプランナーの仕事は、「結婚式」という新郎新婦にとって最大のイベントを演出する仕事です。この二人がどこまで満足してくれるか、そのことを常に考えて式をプランニングしていく必要があります。

また、結婚式は新郎新婦のみならず、その場に参加する人みんなが幸せな気持ちになれるイベントでもあります。

そのため、人を喜ばせることが好きな人や、学園祭などのイベントでみんなを盛り上げることが好きな人は適性があるといえます。

普段から見返りを求めず、友人の誕生日などでも相手がうれしくて泣き出してしまうような演出や行為ができる、または考えられるような人は、ウエディングプランナーに向いているでしょう。

想像力

ウエディングプランナーは式全体の演出をしなければなりません。そこで必要なのはプランニング力です。近頃ではプランナーにより演出力に差があり、独創的な演出で評判を集めるプランナーも大勢います。

もちろん、そのような方は業界でも話題になり、連日連夜さまざまな案件を抱えていきます。多くの式に携わることができ、忙しいながらも大きな充実感が味わえるでしょう。

常日頃からさまざまな演出やパーティーの企画、面白いことを考えられ、実行できるような人は、この仕事にピッタリかもしれません。

忍耐力

結婚式を成功させるためには、事前の綿密な打ち合わせをはじめ、式当日も細部まで気を配っていかなければなりません。そのため、注意深く、几帳面であることが求められます。

しかし、いくら注意してもクレームがきてしまうこともあります。そうした状況においても、冷静に対応を続けることが大切です。

華やかに見える仕事ではありますが、あくまで対人関係の仕事であるため、忍耐力がなければ続けることは難しいでしょう。

営業力

この仕事をするうえで忘れてはいけないのが、「営業」の要素もあるということです。

「人に尽くしたい」という気持ちを持つことは大前提ですが、お客さまに対して魅力的なプランを提案し、自社で式を挙げてもらうカップルを増やすことも、ウエディングプランナーの大切な仕事なのです。

ウエディングプランナーは、形のないサービスを創っていく仕事であるため、苦労も大きな分、やりがいを感じて働いている人が多いです。

「本気で新郎新婦を祝福し、最高の結婚式にしてあげたい!」という無償の愛を注げる人であれば、長く続けていけるでしょう。

 

労働時間と休日

日常の忙しさは?

ウエディングプランナーは毎日、結婚式の打ち合わせや事前準備、式当日の立ち会いなど、忙しい日々を送ることになります。

企業に勤める場合、1日の勤務時間は7時間半程度ですが、新郎新婦からの細かな問い合わせも多く、その都度対応をする必要があるため、必然的に残業が多くなります。

また、自分が担当するお客さまの挙式当日は、早朝から現場に入り、スタンバイすることもあります。

勤務時間の長さだけではなく、「失敗ができない」という精神的なプレッシャーから激務と感じる人もいるようです。

ウエディングプランナーの休日は?

新郎新婦のために、毎日忙しく働いているウエディングプランナーには休日は存在しないのではないか?と思う人も多いようです。

たしかに、結婚式は土日に行われることが多いですし、新郎新婦との打ち合わせや他の作業などやるべきことも膨大にあるため、いつ休んでいるのかイメージが湧きにくいかと思います。

しかし、大半のウエディングプランナーはホテルやブライダルコーディネート会社に属しているため、勤務先にもよりますが、シフト制で「1ヵ月に8日休み」という勤務体系が一般的です。

また、年末年始の休暇・夏期休暇・年次有給休暇・慶弔休暇も通常は取ることが可能です。

一方で、土日や休日は式本番になるため、平日を含めたシフト制の勤務体制となります。土日や祝日に休みを取ることは難しいと考えておいたほうがよいかもしれません。

 

ウエディングプランナーとは<まとめ>

どこに出しても恥ずかしくないマナーを持ち、コミュニケーション能力にも長け、人を喜ばせることに生きがいを感じる。

また、冠婚葬祭ぐらいでないとハードな仕事のためキャリアウーマンが多いイメージです。自分よりも他人を大切にできる寛大な心の持ち主が多いイメージです。

何かと相談に乗ることを得意とするので相談相手にはもってこいな恋人になりそうですね♪

 

ウエディングプランナーと出会うには…

方法①友人からの紹介を得る

意外と周りにいない職種だったりするので、人伝いに探してもらう可能性が高いかもしれませんが紹介頂ければとてもステータスの高い女性です。ぜひ接点をとれるようにしましょう!!

方法②コンパや合コンで知り合う

方法①と似ていますが、平日のコンパや合コンなら出会える可能性も0じゃない。方法②で知り合った人に方法①で紹介してもらう方がよりネットワークは広がりますね。

方法③個人でネットで探す

ネットだと人に依頼することもなく、気軽に手軽に探せるような気がします。

【pairs】 が1番オススメです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA