恋愛成就「出会いはプロフィール情報の量で決まる時代」

ネットで出会いが当たり前の時代に

私が恋愛マスターと呼ばれていた時は、ネットでの出会いはマイナスイメージでしかなく、周りからも「会える?」「怖くない?」「付き合うことになる?」と後ろ向きな意見が多かったのが事実です。

私が遊び人だった頃は、ナンパとネットで出会うことがメインでしたが、周りからの評判があまりよくないこともあり、ネットはあまりしていない。という程でいたのが事実です。

しかし、時代の流れは早く、気づけばネットから生まれる恋愛は今や当たり前に。

6072bd2d960cf561b83bd0a8a6e3a515_s

あれだけ批判されていた手法が今や当たり前の時代。

私が当たり前だと気づいたのは理由がありました。時代を引っ張る人がいました。

 

ネットで出会うのを当たり前にした人たち

先日、美容院に行き髪の毛を切ってもらっている間、よく雑誌を用意してくれますよね。私が行く美容院は女性がターゲットの美容院で、雑誌もほとんど女性モノでした。しかし、時間を持て余すので、2010年度の日本国内の発行部数は約43万部で、赤文字雑誌の第1位であるVIVIに手を伸ばしてみました。VIVIの対象年齢層は15 – 36歳となっており、OLと女子大生がメインターゲット。ファッション・メイク・ヘア、海外芸能人に関する記事が中心となっている、言わば若者の流行最先端の雑誌です。

 

viviその時代のトレンドとなる女優・モデル・アーティストを表紙に飾り、コンビニや書店でも目にされたことがあるかたも多いと思います。

そして、その中にはVIVIを飾るモデルの何人かが「私と彼はネットを使って出会い、恋愛に発展しました」と公表しているのです。昔あれだけ「辞めときなさい」と言われていた私からすると目が点です。若者世代の今を創るのは読モ(読者モデル)です。その読モが公表していれば、若者たちはネット出会うことへの抵抗ももちろんありませんし、むしろ良い物だと捉えているでしょう。

(時代が、やっと…ついに10年前の私に追いついたと感じました。)

 

ネットでの出会いは効率的

41fcfb32e344cf8049a82cdda554adea_s

人生は一度キリなのです。無駄な時間を過ごしている暇なんて1秒もないんです。しかし、人は一人じゃ生きれません。恋愛も必要な時間です。ネットを活用した出会いのメリットがVIVIにも記載されていましたので、私の意見を織り交ぜながら要約しますね。

恋愛で趣味は重要

やはり、恋愛において、一緒にいすぎると息が詰まって苦しくなります。そこに自分の時間(趣味や勉強に没頭できる時間)があれば、とても楽になりますよね。しかし、趣味が似ている・同じであれば、その時間も苦ではない状態で一緒に過ごすことが出来ます。ナンパやコンパでは趣味を聞くのも一苦労。それがネットであれば相手の趣味がすぐにわかるので、共通の話題もできるので、話も弾みやすい上に、恋愛に発展後も一緒に趣味を楽しむことができます。

プロフィールを充実させることが重要

もちろん、趣味がきかっけになることが多いですが、それ以外にも出身地や居住地、夢、興味があるもの、職業、好きな色、好きな動物など、相手はどこを共通点と認識するかはわかりません。

書けるだけ書いて、色んな人にヒットするようにすることで、出会える人の幅も広がり、あなたの運命の人となる人に会う可能性も大きく上がります。

人生という時間は有限

出会ったはいいものの、話も趣味も合わない上にタイプでもない。そんな人と会う時間、デートのお金、無駄なドキドキ、全部いりませんよね。時間は戻りません。その時間を理想のタイプの人にあてたほうが効率的じゃないですか?少しでも確実に、正確に理想の相手に会うためにも、プロフィールは充実させるべきだということです。

 

ネットで出会いを掴むコツ

7611debbbf96c74e15d689a124554e69_s

ネット上は情報が武器に

外見に自信があろうとなかろうと、写真の有無は非常に大きいです。第一印象でもあります。しかし、注意点があります。たまに見かける自撮り写真(加工済み)は正直1番印象が良くないです。実際に見たときとのギャップはマイナスイメージでしかないので、避けるべきです。理想は、誰かにあなたの自然な表情や自然な姿。なるべく楽しそうにしている写真を撮ってもらうことをオススメします。顔が見えなさすぎるのもNGですが、自撮りよりは印象は良くなります。

言葉の理解力が大切

まず、最初のコミュニケーションは文字です。相手にいかにわかりやすく伝えるか、いかに相手の言葉を汲み取るかがとても重要です。若者用語ばかりを使ったり、逆に古すぎる言葉、方言をおしすぎるのも伝わらない可能性が出てくるので、最初はさけましょう。コミュニケーションをとるうちに、「ちょっと言葉崩してもよかばってん?」みたいな感じで急にくると相手はキュン♡します。

趣味はかたよってもいい

「自分の趣味はマニアックすぎるから…」なんて思わなくていいんです。その趣味に合う人は必ずいます。その趣味を理解してくれる相手の方が、お付き合いも楽ですし、一緒にいても楽しく過ごせます。

恥は捨てるべき

誰かに見られるかも…なんて心配は必要ありません。そんな人のために最近のマッチングサイトは、SNSを利用するものの、そのSNSでつながっている人はマッチングサイト上ではつなげないようにできています。これは本当に画期的。ですので、安心して相手を探すことが出来きます。

 

失敗談から学ぶ

862dc05723a2fcf1b6515901950b0965_s

見栄はいらない

持ってもいない車を持っているや、身長170もないのに身長が高いと言ってみたり、昔はすごいモテたとか、ケンカは最強だとか、そういった誰もが「興味ない」と思うことはマッチングサイトでも一緒です。仮に出会えたときを考えたらその見栄はいつまでも続けれず、ボロが出てしまうだけです。それでは時間のムダにつながってしまいます。

愚痴や偉そうにする人はNG

全てにおいて否定的な自分が正しいと言ったような意見ばかりを言う人、何に対しても上から目線でものを語る人はいつも嫌われてしまいます。相手の意見もしっかり聞き、なんでも人の話が聞ける人の方がモテるのが現実です。

無理な勧誘はしない

中には、アム◯ェイのようなご商売をされている方もいるかと思います。決してそのようなご商売が悪いわけではありませんが、そのような勧誘をうけたくて登録している人はいません。かりに紹介するにしても、ちゃんとしたお付き合いの上、あなたのことを相手に理解してもらってから紹介することをオススメします。

あなたの理想のお相手はココにいます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA