教師って出会いがないんです…そんな人にオススメのアプリ♪

出会いが少ない教師の現状

教師と一言で言っても幅広い職業です。

小学校教師・中学校教師・高校教師と幅広く、

教え子の年令によって業務内容も大きく変わります。

ただ、どの教師も忙しいだけでなく、今の時代は子供だけでなく、親の目も気にする必要があるので下手なコトはできないストレスの多い職業です。

そんな教師であるあなたの出会いを少しでもお手伝いすべく記事にさせてもらいました。

学校や地域によっても業務に多少の差はありますが、一般的な教師の業務も記載しておきます。

 

小学校教師の主な業務

小学校の先生は、基本的にはすべての科目を一人で教えます。なかには音楽や体育などを専門に教える先生を配置している学校もあります。

また、近年は、一つのクラスを二人の教師で教えるチームティーチングという取り組みも進んでいます。

小学校の先生の役割は生徒に勉強を教えることだけではありません。

6歳〜12歳の間は人格形成に大きな影響を与える時期なのでとっても重要なお仕事です。

子どもたちの個性を伸ばし、人間性豊かに育つように指導をすることも教師の大きな役目です。小学校教諭は社会的責任の大きな仕事と言えるでしょう。

そういった面でもプレッシャーからストレスに感じることもやりがいと感じることもあります。

また、授業や給食、ホームルームなどの時間以外にも数多くの業務があります。

授業の準備やテストの採点、学級委員会や運動会の準備、家庭訪問、遠足、PTA、教員会議など、さまざまな仕事をしなければなりません。

子どもたちと楽しそうに授業をしている影で様々な業務をこなす必要があります。

小学校教師の1日

出勤

小学校の教師の勤務はだいたい朝8時過ぎからになりますが、全教科を教えるということから授業の準備等で忙しく、早い人では7時過ぎには出勤しています。

学校の仕事は教職員の朝の打ち合わせから本格的に始まります。最初に教職員全体で、その日の行事等の連絡をし合います。

その後、学年ごとに細かな打ち合わせを行います。授業のことであったり、児童のことであったりと内容はさまざまです。

午前中

朝の打ち合わせには10分くらい使います。ただ、打ち合わせの間、児童たちは教室で朝の会等をしていますので、何か問題があったときには、すぐに教室へ駆けつけます。打ち合わせが終わると、それぞれ教室へ向かい授業の開始です。

授業は1時限が45分です。授業の合間には10分の休憩時間がありますが、これは児童の休みであって教師の休みでは無いため、基本的には児童と遊んだり、宿題の◯つけをしたりしています。高学年だと6時限までありますが、低学年の場合は4〜5時限になります。

午後

給食の時間は児童と一緒に準備をして、教室で食べ、片付けもします。その後、清掃の時間があり、児童と一緒に教室やトイレ、特別教室などを掃除します。

昼休みが終わったら、午後の授業が15時半くらいまであります。終わりの会をして16時前に児童を下校させます。授業はこれで終わりです。

児童帰宅後

この後、職員の休憩が45分あります。しかし、ノートの◯つけや次の日の授業準備などをする必要がありますので、実際にはなかなか休憩はできません。

また、部活動の担当になった場合は、16時ごろから活動を始めますので、事務処理等は後回しになります。

17時過ぎが退勤の時間ですが、退勤する人はほとんどいません。授業準備や事務処理に時間が掛かりますので、多くの人は退勤時刻が18時から19時の間くらいになります。

 

中学校教師の主な業務

教科指導が本文

教師の本分はやはり教科指導となります。中学校の先生は、小学校と異なり、各教師が専門の科目を持って、授業を行います。

文部科学省が平成13(2001)年度に実施した「教育課程実施状況調査」では、小学校全体として授業が「よくわかる」と答えた児童が22.8%、「だいたいわかる」との回答は46.8%でした。「わかることとわからないことが半分くらいずつある」という児童は23.7%です。

それに対して、中学校2年生では「よくわかる」と答えた生徒が大きく減って7.8%、「だいたいわかる」生徒は44.0%で小学校と大差なく、「わかることとわからないことが半分くらいずつある」という生徒が35.0%と大きく増加傾向にあります。

このデータから、中学校の授業はどの教科でも難しくなり(専門性が高くなり)、覚えることも増えるため、普段の授業についていくのが大変だと感じている生徒が多くなることが分かります。

このような状況で、中学校教師としていかに「分かりやすい」授業を展開するか、その創意工夫は職務の中で大きな位置を占めます。

また、高校受験を控え、勉学が重要になる時期ですが、授業に興味を持たない生徒もいます。どうやったらその科目を楽しんで勉強してもらえるかを念頭に置きながら授業内容を考えることも必要です。

部活動指導

積極性や協調性、目標を達成するための努力など、中学の部活動は「卒業後の人生において必要とされる内面的な事柄」を身につける絶好の機会です。

一緒に部活動に取り組みながら、生徒の心の動きを最も近い位置で感じ、褒めたり励ましたり、叱ったり慰めたりと、子どもの気持ちに寄り添うことも、中学校教師の大切な仕事の一つです。

放課後や休日といった長い時間を共有した先生と生徒との間には、強い絆や信頼感が生まれます。家族以外の大人と信頼関係を築くという経験は、中学生にとってその後の人生に大きな影響を及ぼすでしょう。

この部活動指導も、中学校教師の仕事の中で意義深いものだと言えます。

生徒指導

「生徒指導」と聞くと、問題行動を起こした生徒への懲戒を想像する人が多いと思います。

しかし、実際の生徒指導とは、教育活動全ての場面においてさまざまな形で行なわれています。

そもそも、生徒指導とは「一人一人の児童生徒の人格を尊重し、個性の伸長を図りながら、社会的資質や行動力を高めるように指導、援助するものであり、学校がその教育目標を達成するための重要な機能の一つ」と定義されています。

そのため、体育祭に向けてクラスが一致団結して競技に臨めるようにするのも「生徒指導」ですし、友人関係を築くのが苦手な生徒が友達の輪に入れるように橋渡しをして、その生徒が少しずつ周囲に心を開いて接することができるように導くのも「生徒指導」なのです。

教師は、学級担任や教科担当教員、また部活動顧問として生徒一人ひとりの状態や課題を的確に理解しなければなりません。

そして、個々の生徒がどのような成長を遂げてほしいのか、個別の指導・支援計画を立てながら、日々の教育実践を積み重ねていくことになります。

中学校の時期は、生徒にとって思春期にあたり精神的に不安定になりがちです。教師は、生徒のよき相談相手となり、中学校生活をサポートをしていく役目も担っています。

思春期の中学生を相手にすることはとっても神経を削るようなデリケートな業務で、学生本人は先生の気苦労など全く気にせず体当たりしてくるので、体力もメンタル力も相当疲労します。

更に、これらの仕事以外にもテストの作成と採点、学校行事の準備、進路指導など業務内容は多岐にわたり、事務作業も数多くあります。

中学校教師の1日

出勤からお昼まで

8時前後から朝の打ち合わせが始まりますので、それ以前には出勤します。ただし、部活動の顧問をしていると早朝練習がある場合もあります。

また担当教科によっては、その日の授業で実習が予定されていると、勤務開始時刻より一時間ほど前に学校に着くよう自宅を出ることもあります。

打ち合わせ後は、クラス担任の場合、朝のショートホームルームにて出欠の確認をし、事前連絡なしで教室にいない生徒宅へ電話を入れます。

学校によっては、朝のショートホームルーム前に「朝読書」の時間があり、生徒と一緒に読書をします。

一時間目の授業は9時前から。多くの学校で、50分間授業をして10分の休み時間という日課になっています。

日によって授業数や、授業のある時間帯は異なりますが、担当しているクラス全員が意欲的に取り組めるよう、頭をフル回転させて授業を展開していきます。

中学校では定期テストがあるので、学年全体の進度が揃うようにペース配分にも気を配ります。

また授業がない時間でも、事務的な作業に追われます。

担任を持っている場合は毎日提出する「生活ノート」(短い日記・作文。学校によって呼称が異なったり、活用していないところも)に赤ペンを入れたり、定期テスト結果連絡表や通知表のような、各家庭への配布物を作成したりします。

副担任であっても、提出物のチェックなど分担して行なう事務仕事を進めます。

もちろん、教科担当として授業の予習や課題提出の有無・内容の確認、小テストの丸つけなどもこなさなければなりません。

校務分掌(校内の役割分担)に従って行事の準備をしたり、部活動の顧問の場合、練習試合の手配をしたりといった仕事もあります。

給食から生徒の下校まで

給食の間もれっきとした指導時間ですから、配膳の様子を気にかけながら生徒に声を掛けたり、生徒に混じって片付けを指示したりします。

食事の時間には生徒たちもリラックスしているので、普段は話せないテレビの話題や友人関係のことなど、子ども達の言葉に耳を傾けます。

午後も午前と同じく、授業に事務仕事にと忙しく過ごします。

5限目開始前か6限目終了後に10分程度の清掃があるので、監督・指導をします。

その後、担任をしていたら帰りのショートホームルーム。「生活ノート」やプリント類を返却・配布します。

放課後は部活動指導です。夏期は18時半頃まで、冬期でも17時半頃までは部の生徒たちと過ごします。

夜の残業

授業の空き時間に手が回らなかった仕事は、部活動終了後に取り組みます。

しかし、忙しいときに限って生徒指導の緊急職員会議が召集されることもあり、取りかかるのがさらに遅くなってしまいます。

クラスに長期欠席の生徒がいれば、失礼に当たらない時間に家庭訪問をすることも。訪問しなくとも、毎日必ず電話連絡を入れて、保護者と連携を密にしておきます。

これは後に長期欠席の原因がいじめだと発覚した際に先生として何をしていたか問われることを未然に防ぐためです。

終業時刻はとっくに過ぎていても、やり残して放置するわけにもいかず、残業手当が支給されなくても割り当てられた仕事をやり遂げます。

遅くまで中学校の職員室に灯りが点っているのは、全ての仕事が濃度の差こそあれ生徒に関わるものであり、生徒たちが可愛いと思う先生方の情熱の証なのです。

 

高校教師の主な業務

1.授業の組み立て

学習指導要領に沿って1年間の授業を組み立てなければなりません。また要所要所でプリントや練習問題を作ったり、中間、期末テストの問題を作成したりしなければなりません。

中学と比べ専門性が格段に上がるため、教師も専門知識を磨いておくことが求められます。

教科書の改訂など、教える内容も変わることがあるので日々勉強が必要です。

2.生徒とのコミュニケーション

生徒がどのようなことで悩んでいるのかなどを探り、必要であれば解決の助力とならなければなりません。

高校教師は大人と子供の狭間な生徒の気持ちや状況を正確に把握し、適切な助言や指導をすることが求められます。

3.生徒の親との折衝

面談などをして、生徒の普段の様子や抱えている悩み、進路などを親と一緒に解決しなければなりません。

必要なのは、生徒一人ひとりが違った悩みを常に持っているということを認識し理解することです。

4.進路相談

高校生は卒業した後の進路によって、将来が大きく左右される場合があります。

生徒が決めている進路を大人の目線に立って考え、必要であれば考え直させることも必要なとてもデリケートな業務です。

5.部活動

部活には顧問が必ず必要です。時にはやりたくもない部活の顧問を余儀なくされることもありますし、部活によっては土日祝日も活動するため休日返上が当たり前な場合もあります。

6.模擬授業

夏休みや春休みなど、学校が休みのときにも教師は次の授業を考えたり、学校教育、校則、生徒との触れ合いかた、模擬授業などを勉強しなければなりません。

7.イベントの主催

修学旅行、文化祭、運動会など、生徒の自主的運営をテーマにするイベントが年間を通してありますが、その土台作りをするのが教師の役割です。

このように、自分が生徒の時では気に留めていなかったことが教師の仕事内容としては多々あります。教師は陰ながら生徒がより良い学園生活を送れるように支えているのです。

高校教師の1日

8:30 職員会議(職員たちの朝のホームルーム)

本日の欠席する教員の有無や、それに対しての授業の代理決め、また教室でのホームルームで生徒に言わなければならない事柄、渡すプリントなどを整理します。だいたいは持ち回りで司会を決めます。

通常の企業でいう朝礼です。

また、そのあとに学年ごとに分かれて、簡単なミーティングがある場合もあります。

9:00 教室でホームルーム

朝の職員会議で決めた伝えるべき事項を伝えます。

朝は生徒が遅刻して不在の場合も多々あるので、そのときは放課後のホームルームで伝えます。

9:10〜午前終了

時間割に即して教壇に立ちます。もし授業がなければ次の授業の時の準備をしたりします。プリントやテストなどもここで作成します。

また新人時代であれば、教室に行って、授業風景を見学させてもらったりします。どのように授業を運んでいるのか、プリントの使いどころ、時間配分などを勉強して、あとで教師に質問したり、アドバイスをもらいます。

ホームルーム

一週間に1回か2回、一時間ホームルームがあります。そこで職員会議の内容を落とし込んだりします。

また、文化祭や運動会のイベント内容を決めたり、進路相談を生徒に対してします。

ホームルームは授業以外で生徒と接する貴重な時間ですので、有効に使う必要があります。

放課後

部活動の顧問になっている場合は部活に赴き、そうでない場合は翌日の教材作りの時間となります。

あまり定時という概念がないため、自分の仕事が終わったら帰る形ですが、多くの教師は下準備をするため、帰るのが夜の7時や8時となることもざらにあります。

高校教師は授業だけを教えていればいいというわけではありません。

授業を行う上での準備や部活、生徒の進路や問題などに対しても日々考え、悩み、努力し続けています。

 

先生はむちゃくちゃ大変

労働時間が長い上に、休日出勤や時間外労働は当たり前でその割にお給料は雀の涙である教師という職業ですが、今後の日本を支える若者たちを学力・人間力共に育てる責任のある職業

また、常に若者と関わりあうことで、常に若い発想や・流行にも詳しくなれる、本当に素晴らしい職業だと思います。

ただ…常にデリケートな学生と関わりあうことで、ストレスもたくさん抱えると思いますし、労働時間や部活の顧問などで体力も相当必要な職業です。

癒やしが必要でならない人も多いと思います!

ただ…なかなか恋人をつくる時間がありません。上記のどの先生でもサービス残業が当たり前な職業です。

とはいえ、誰でも良いわけでもありませんよね。誰だって恋人の理想はありますよね?

  • 料理が得意な人
  • 忙しい仕事柄を理解してくれる人
  • 同じ境遇の教師がいい!けど同じ学校は嫌だ
  • ストレスを癒やしてくれる人
  • 勉強が好きな人
  • 静かな性格の人
  • etc…

理想はひとそれぞれたくさんあると思います。

しかし、忙しいと「そんな理想とか気にしてられるか!!」ってなっちゃいますよね。

でもそれはとてももったいないと思います。

そんな先生に少しでも癒やしを求めるチャンスを掴んでもらえればと思います。

 

忙しい先生に出会いのチャンスを…

残業の日々でプライベートの時間がなかなか作れない先生。

部活の顧問で休日も生徒に全力を注ぐ先生。

仕事に追われながらも癒やしが欲しくて仕方ない先生。

そんな時間がない中でもあなたが求める恋人候補が見つかるサービスがPairsです。

Pairsは、真面目な出会い限定の国内最大級の恋活サイトです!

スマホやパソコンであなたの求める条件に合った恋人候補が見つけることができるので忙しい先生でもきっといいお相手が見つけることができます!!

理想の恋人候補を見つける

キーワード検索などで簡単に条件に合う男性を見つける事が可能なんです!

婚活パーティーやコンパであなたの理想の相手が来る可能性はどれぐらいあるでしょうか?

忙しい時間をなんとか割いて婚活パーティーやコンパに参加した結果、あなた好みの相手が見つからない可能性はいくらでもあります。むしろ見つかる可能性の方が少ないのです。

そんな無駄足にも参加費用や飲食代がかかってしまうわけです。

それが、スマホやパソコンであなたの理想の条件を選択しておけば、その条件にマッチした恋人候補がいくらでも出て来るのです。

Pairsはまずは費用をかけずに、理想の相手を条件から探すことができるんです!

自分のプロフィールを登録するところから始まりますが、

“教師をしています”というキーワードは必ず入れておくことをオススメします!

しっかりした男性!、マジメな女性に、魅力を感じる人は多いハズです♪

教師=公務員というイメージからも安心される職業なので人気職!

結婚相談所・イベントものだと、行くまでの時間が勿体無く感じませんか?

それでいて、理想の人に出会えなかったりすることもしばしば・・・

ですが、Pairsはネット上でのサービスのため、

空いた時間でスマホ・PCで出会いが探せます!

効率的に出会いを探せて、空いた時間を仕事にも回せて、一石二鳥♪!?

心の支え・癒しが欲しいあなた!

教師という仕事は、生徒たちと向き合い、先生同士でも上下関係があり、精神との戦いの毎日ですよね!

うまくいかないとき、失敗したとき、モチベーションが下がっているとき、

”心の支え・安らぎ”が欲しくなったりしますよね。誰でもそうなりますが、先生という特にデリケートで大変なお仕事であるあなた。

理想の相手と出会えることが第一ですが、話友達・飲み友達も作ることもできます♪

Pairsでは、”いいね”という機能があり、SNS上のいいね!ボタンに匹敵するのですが、この機能をうまく使って、興味があることをアピールしましょう♡

逆に、”いいね”がもらえると、モチベーションUPにも繋がるかもしれません♪

夢を応援してくれる恋人と出会いたいあなた!

なかなか、激務である教師の仕事に理解を示してくれる恋人って少なかったりしませんか?

休みの日には、「遊びに行こうぜ!」とか、「仕事と私とどっちが大事なのよ!?」とか・・・

相手に不満を与えてしまい、あなた自身も苦痛に感じたことはありませんか?

「仕事に理解のある人を探すなんて無理でしょ?」できたらウレシイけど・・・

Pairsならそれが 可 能 な ん で す ♡ !!!

たとえば、

  • 相手自身も忙しい仕事をしていてお互いの理解ができる!
  • 男性の方は比較的休みのコントロールができるから、都合を合わせてくれる!
  • 同じ教師の人であれば理解・助け合いができそう!

→そんな恋人は”職業”から項目を絞って探せます!

たとえば、

  • 経営者で日々、忙しい毎日を送っている
  • 別の学校で教師をしている
  • スポーツで忙しい人、趣味にこだわりがある人は理解をしてくれそう!

などのように、それぞれ“忙しい職業かどうか”“趣味は何か”“スポーツ”“容姿”の項目や

教師“の職業で縛った検索して相手を探すことができますよ!

 

少ない時間でも理想の恋人は見つかる

仕事中はもちろん、プライベートの時間でも持ち帰った仕事でなかなか充実した休日が過ごせない先生でも、Pairsがあれば、理想の恋人を見つけることができるのです。

そんなことができるのか?と思うかもしれませんが、1度騙されたと思って試して下さい。

仮にPairsで恋人ができれば、仕事の疲れを癒やしてもらうこともできて、休日に仕事を手伝ってもらいながら2人で楽しい時間を過ごすこともできるかもしれません。

仕事が残っていても、カフェであなたは仕事を、恋人は読書を…と同じ時間を過ごしてくれるかもしれません。

そうなれば、今までしんどいことのほうが多かった仕事も楽しくなりませんか?

 

まとめ

どうせ同じ仕事なら楽しくこなしたいものです。

仕事を楽しめるか苦痛に感じるかの差は、プライベートが大きく影響しています。

今、恋人がいないあなたに恋人ができれば、それだけで毎日が楽しくなりませんか?

さらにその恋人があなたの仕事を理解して支えてくれる。

そうなれば怖いものなんてもうありません!!

ひたすら仕事を楽しむのみです。

忙しい先生、人見知りな先生、引きこもりな先生でも恋人はつくれます。

ぜひ、恋人を見つけて、プライベートも仕事も充実させましょう♡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA