グランドスタッフの出会いは驚くほど少ないから〇〇でカバーすべし。

グランドスタッフは飛行機を安全に飛ばす重要な役割

グランドスタッフとは、広義には航空整備士などを含めた空港で働くスタッフのことを指しますが、近年は一般的に「空港での接客業務」を担当する人のことを呼ぶことが増えています。

また、グランドスタッフは「グランドホステス」や「(空港の)地上職」と呼ばれることもありますが、ここではすべて「グランドスタッフ」として統一し、主に空港での接客業務に携わる人の仕事内容について紹介していきます。

さて、皆さんは「空港で働く航空会社グランドスタッフ」と聞いたとき、どのような仕事を想像しますか?

「カウンターでチケットを確認して、座席を決めてくれる人」、「搭乗ゲートではいつも笑顔で、見送ってくれる綺麗なお姉さん」など、とても華やかな印象を持っているのではないでしょうか。

もちろん、そういった一面もあります。しかし実際は、笑顔で対応しながらも、次々と起こるトラブルに冷静に対処したり、一日中立ちっぱなしの時もある、体力勝負の仕事です。

主な仕事は「搭乗手続き」と「搭乗案内」となります。

 

搭乗手続き

チェックインカウンターで航空券の発券や荷物の受け取り、座席の指定、乗り継ぎの案内などを行います。

お客さまの座席を確定したり、航空券を購入にいらっしゃったお客さまへの販売も行っていますが、その他に荷物を受託する業務もあります。

荷物をカウンターで受託する際には、1つ30キロもあるような荷物をいくつも預かることがあります。

すべてベルトコンベアで軽々といけばよいのですが、精密機械などの壊れやすい荷物は自分で持ち上げ、運ぶことも多々あります。

ペット、スポーツ用品、楽器、電化製品、成分無表示の液体など、お客さまは多種多様な荷物を持ってきます。

そこで、グランドスタッフは「飛行機にとって危険物にはならないか?」「禁止されている荷物ではないか?」などを見極め、問題なければお預かりし、受けられないものは丁重にお断りするなどの適切な対処を行います。

搭乗案内

搭乗ゲートにてお客さまの案内を行います。アナウンスや誘導するばかりではなく、航空機が時間通りに出発できるように、ゲートに到着していないお客さまを探すこともあります。

たとえば、搭乗ゲートで後1名のお客さまの搭乗を待っているとしましょう。アナウンスで呼び出すも、なかなかいらっしゃいません。

出発時刻まで間もなくとなったところで、手荷物検査場で検査を受けている人がいます。その方が、最後のお客さまだったりします。

お客さまを発見したグランドスタッフは、ただちに当該ゲートへ無線機を使ってお客さまの情報を連絡、お客さまが飛行機内へ持ち込めない荷物を持っていないかなどを確認し、検査終了後のお客さまと共にゲートへ急ぎます。

定刻までに搭乗口にお越しいただき、すでに搭乗いただいている他のすべてのお客さまのためにも、出発を遅らせるわけにはいきません。グランドスタッフの対応力が問われるところです。

こうした案内業務だけでなく、予約の電話に応対したり、荷物紛失時のトラブルなど各種問い合わせの対応を行ったりと幅広い業務を担当します。

様々な部署・人・お客様とのコミュニケーション

飛行機の出発時間とは、「ドアが閉まる時刻」ではなく、「車輪が動き出す時刻」なのはご存じでしたか?

定刻出発を目指して、ゲートのスタッフたちは搭乗を開始してからお客さまが乗り込み、出発するまでの状況を常に確認しています。

また、出発予定の飛行機が、遅れて到着してきたときのケースにも備えます。

国内線の飛行機は基本的に一日に約3〜5区間を飛んでいるため、一区間の運航が悪天候等で遅れてしまうと、次の便へもその遅れが影響してしまうことがあります。

そこで、ゲート担当のスタッフは飛行機が到着し、ご搭乗のお客さまがすべて降機した後すぐに、到着が遅れたが、次の便の搭乗はどれくらいの遅れで開始できるのかを客室乗務員へ確認します。

また、整備点検などで時間がかかるようなことは発生していないかなども聞き、整備点検が必要な場合は、当該便担当の整備士へ状況を確認することもあります。

その後、状況に応じた案内を的確にお客さまへアナウンスします。

このように、一機の飛行機を出発させるためには、個人の努力だけでなく、関係部署とのチームワークがとても大切です。

これまでお話したゲートや、カウンターのスタッフ以外には、運航状況を常時確認するコントローラー業務、受託手荷物の破損等の対応業務、また国内線と国際線でそれぞれ異なった内容の業務があります。

グランドスタッフは、1分1秒も遅らせることなく、どうすれば飛行機を安全に出発させられるのかを常に考えています。飛行機の安全だけでなく、お客さまとのコミュニケーションも大切にする仕事です。

 

コミュニケーション数はトップクラス

国内線・国際線、場所や規模によっても多少は変わりますが、上記の仕事内容から見てわかるように、

日々訪れる何千、何万のお客様との会話はもちろん、各部署のスタッフとのやりとりまで全てを円滑に進め、いかに飛行機を定刻通りに飛ばすかを考えないといけません。

日々、それだけの数のコミュニケーションをとるグランドスタッフは自然とたくさんの人と話すことには慣れています。

むしろ、円滑なコミュニケーションがとれないと飛行機の遅延というトラブルになりかねないので退職を勧められることもあるようです。

 

ただコミュニケーションが多いだけ

日々、それだけたくさんの人と喋るのであれば出会いなんて困らない!

と思われがちですが、「あくまで仕事だから」です。

なんならそれだけ人と話すことができてもプライベートは仕事の反動で人見知りな人も多く

世の中知り合いだらけなんて人もいません。

出勤する直前までスイッチはOFFで職場に着いたらスイッチON。

また帰路につくころにはスイッチOFFな人がほとんどです。

仕事で人と関わり合うことが多い人ほどプライベートでは引きこもる人が多いのも事実です。

 

勤務体系はシフト制が多い

空港は早朝から夜遅くまで、場所によっては24時間にわたって開いているため、そこで働くグランドスタッフの勤務体系はシフト制(交替制勤務)となります。

1日の労働時間はだいたい実働7.5時間で、土日祝日を含む交替制勤務です。ほとんどの会社では、フライトの離発着の時間に基づいたシフトが組まれています(地方のフライトの便数が少ないところは異なります)。

シフトパターンとしては4日働いて2日休み、もしくは1日休みが多いですが、基本的に週休2日とされているため、5日働いて2日休みなどのパターンも発生します。

早番・遅番の時間帯

シフトパターンとしては、「早番・早番・遅番・遅番」という形が多いようです。ただし、他のスタッフが有給をとって休んでいるなどということがあると、早番が4日連続というパターンなどもたまに発生します。

<早番、遅番の勤務時間(例)>

・早番 5:45〜14:15
・遅番 12:45〜21:15

24時間開いている空港の場合は、上記よりさらに不規則な勤務となります。

グランドスタッフは、一般的な会社員のように、月曜から金曜までで9時〜17時といった規則正しい仕事ではありません。

また、ほとんどが立ち仕事で空港の中を1日中歩き回るようなこともあるため、かなりの体力を必要とし、退社時間には疲れ果ててしまうことがほとんどです。

 

通勤手段も業界ならでは

自宅から空港に通える範囲内に住んでいる人は問題ありませんが、それ以外の人は会社の寮に入ったり、通勤可能な場所に住むことになります。

それでも早番、遅番の帰りは公共交通機関がありません。この場合は一定範囲で送迎があります。

早番の場合は、起床時間は朝4時ごろ。タクシーでの通勤となりますが、タクシーは一番遠い人から配車されており、空港に近い人が最後となる相乗りです。

 

プライベート中と仕事中のコミュニケーション数が真逆

仕事では人と接することが多い反動で、プライベートは静かにしておきたい人が多数。

とはいえ、疲れを癒やしてくれる恋人、辛い時に支えてくれる恋人、楽しい時間も悲しい時間も共有できる恋人が欲しい。

しかし、通勤では人が居ない時間が多く、帰りもタクシーで相乗りか社宅なので近すぎてほとんど人に会わないので出会いもない。

また、勤務先ごとに制服や身だしなみの規定があり、ヘアカラーや指輪やピアスなどのアクセサリー、ネイル等に対しても細かく決められているケースが多いです。

基本的に、あまりに華美な身だしなみはNGとされます。

もちろんプライベートのときであれば好きな服装や髪型をするのはOKですが、出勤時にまで差支えのあるヘアカラーや奇抜なネイルをすることは難しいため、人によっては自由度が少ないと感じるかもしれません。

そういった理由からも仕事終わりに合コンやコンパに参加する人も少ないのが現状。

より出会いの可能性を減らしてしまう職業といっても過言ではないかもしれません。

 

人と会うことが少ないグランドスタッフが出会いを手に入れる

たくさんの人を心地よく案内し、時にたくさんの人に安心を与え、時にたくさんの人から信頼を得て、時に大きな責任を背負いミッションをこなすグランドスタッフ。

礼節もしっかりしていて、身だしなみも抜け目のない女性。

男性からするとほっとくわけがない女性像です。

しかしそんな女性たちが世の男性たちと出会えていないのは本当にもったいないコトです。

そこで、日々旅行者を快く旅行に案内していただけるグランドスタッフのあなたでも簡単に出会いを見つける事ができる方法をお伝えします。

 

グランドスタッフが出会える方法

忙しく不規則な生活を送るグランドスタッフが、効率良く、ムダなコストをかけず

出会いを掴む方法は、ずばり!あなたがお持ちのスマートフォンです。

マッチングサービスを利用することが1番手っ取り早く、かつ適格な彼氏を見つけることができます。

マッチングサービスが優れているトコロ

  • コンパや合コンと違い、「行ってみないとどんな男性が来るかわからない」なんてことがないので貴重な時間とお金をムダにしない。
  • コンパや合コンと違い、誰かと取り合いにならない。
  • 紹介と違って自分で見つけるので紹介者のメンツを気にする必要がない。大きなハズレもない。
  • 好きな時に連絡がとれる。
  • 事前に相手の情報がある状態で連絡がとれるので話のネタに困らない。
  • 昔と違って個人情報も安全で、監視が24時間体制で安心。
  • まず内面勝負ができる。
  • 女性は高待遇なサービスが多い

人見知りでいちいち友達に「彼氏ができた!できそう!」と報告しないあなたならなおさらオススメ。

SNSのアカウントを利用するサービスも中にはありますが、SNS上には全く出ません。

タイプ別マッチングサービス

コスト面を気にするなら・・・いいね!から始まる恋愛マッチング「マリッシュ」

マリッシュは女性は無料サービスをやっているコトがあるので初心者でまずマッチングサービスを試してみるといった時にオススメです。

無料といっても24時間365日管理された、安心で安全なサービスです。年々会員も増えるサービスで、「どんなものか体験したい」といった方にオススメ。そのままはまってしまうかもしれませんよ♪

話が盛り上がる自信がないなら・・・【with】共通点でマッチング!だから確実に盛り上がる

withは仕事で話すのは慣れているけどプライベートはやっぱり苦手。なんて方にオススメです。

共通点のある男性を見つけるコトに特化したサービスです。

なんといっても、メンタリストDaiGoさんが監修していて、たくさんのイベントで盛り上がることもできますし、マッチングするまでの心理戦も楽しみながら彼氏候補を探すことができます。

運命なんてものよりも確実に相性のいい人を見つけるために心理学と統計学を混ぜ合わせたサービスなので、話が盛り上がらなくても居心地がよく、盛り上がっても楽しい相手を見つけれるかと思いますよ♪

 

恋人ができれば…

仕事で辛いことや腹立たしいことがあっても、同じ同僚だと愚痴をこぼすのが億劫ではありませんか?

というのも、グランドスタッフは女性の園。蹴落とし合いがある職場もあります。

そんな場所で先輩の愚痴をこぼし、それが先輩に伝わればもうその職場にいるのも難しくなりますよね。

仕事の愚痴は職場外で吐きたいモノ。そんなときにあなたを包み込んでくれる優しい彼氏がいれば…。

疲れて帰ってきた夜に彼氏が優しく癒やしてくれたら…。

いつもダラダラしていた休日に彼氏と楽しいデートに出かけれたら…。

仕事とプライベートにもいいメリハリが出て日常がより楽しくなりませんか??

 

グランドスタッフ=ステキな女性

ただ、世の男性が知らないだけで、本当にいつ空港を利用させてもらっても外見も仕草もキレイな女性が多く、いつも羨ましく思っています。

私が思うぐらいなので男性はもっと共感してもらえると思います。

ただ、グランドスタッフと出会い方がわからない男性。そして出会い方がわからないあなた。

そんなあなた達がマッチングされ、ステキなカップルになることを心から願っています♥

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA