【朗報!!】30代で薬剤師に復職することに不安に感じるなら

学生時代に勉学に励み、やっとなれた薬剤師

「物理・化学・生物」「衛生」「薬理」「薬剤」「病態・薬物治療」「法規・制度・倫理」「実務」の7領域を熟知しないとなることができない薬剤師。

ネットで調べると合格率は60%〜80%と一見高い合格率に思えますが、これは大学側が受験者を絞っているということも理由の一つです。大学で実施される試験に合格しないと、国家試験を受験できないというものです。

勉強の範囲は膨大であり、6年間しっかり勉強をしておかないと合格することは難しいでしょう。

 

薬剤師を離職

狭き門をくぐり抜け、薬剤師になり社会人としての生活にも慣れ、落ち着き始めたころにプロポーズ。

そして結婚、妊娠により離職することに…。

子供が保育園に預けれる年齢にまで育ち、「さぁ!これから社会復帰するぞ!」と

意気込んでみたものの、また1から職場を探すのは大変…。

普通にパート・アルバイトであればいくらでも出てくるが、どうせなら薬剤師に戻りたい!

 

薬剤師は主婦でも働きやすい!

薬剤師は比較的、女性が活躍しやすい職業だと言われています。

実際に調剤薬局に行くと、たくさんの女性薬剤師の姿を見ることができます。

その理由のひとつとして、薬剤師は資格を持っている人しかできない専門職であり、
資格さえとれば(ここが難しい)待遇や仕事内容において男女が差別されないということがあげられます。

男性と同じように活躍したいと願う女性にとって、対等に仕事ができる働きやすい職場環境があるのです。

さらに、調剤薬局で働く薬剤師は、勤務時間が「朝から夕方まで」と常に一定であることも理由の1つ。

看護職や介護職のように泊まり込みでの夜勤や深夜勤務があるわけではありませんし、
一般企業の社員のように深夜残業や出張があるわけでもないのです。

こうした規則正しい勤務時間は、結婚や子育てをしながら仕事をする女性にとって、
大変両立しやすい環境だと考えられています。

 

復職しやすいのも薬剤師の特権

女性薬剤師は、再就職やパートがしやすいことも大きなメリット。

一般企業であれば一度退職してしまうとブランクも発生し復職するのは大変ですが、
資格を持っている職業は専門性が高いので、結婚や出産で退職をしても再就職がしやすいのです。

また、最近は大型ドラッグストア内の出店が多く、
薬剤師の資格保持者に対するパートやアルバイトの求人募集は全国的にたくさん出ています。

家事や育児があるのでフルタイムの勤務はできないけど、
短時間で働きたいという場合は、パートやアルバイトでの働き方を利用することもできます。

  • 「男性と同じように正社員でバリバリ働き続けたい」
  • 「結婚や育児で一度は退職しても、子どもの手が離れたらまた正社員で働きたい」
  • 「家事や育児をしながらパートで働きたい」
  • 「少しでも家庭を豊かにしたい」

というように、女性が持つさまざまな働き方の希望を叶えることができるのが、
薬剤師という職業の大きな魅力です。

 

薬剤師になれたこと=恵まれた環境を手に入れた

薬剤師は一般的な職業に比べてかなり優位な職業だと言えます。

一般的なOLに比べても給料も高く、

パートタイムでもスケジュールに厳しい場合、資格さえあれば独立開業して自分の調剤薬局をもつことが可能です。

全国たくさんの病院があり、今後待つ高齢化社会に向けてまだまだ病院が増えることは安易に想像ができます。病院の数だけ薬局は必要です。

薬局を開業すれば、店舗の開業時間や休日のスケジュールを自分で組むことができますし、
給料も自分のがんばり次第で増やすことができます。

医療に従事しながら、経営のノウハウを学ぶこともできるので更なる成長をすることも可能な大きな魅力を秘めています。

 

条件にあった上に好条件な職場を見つける

復職をするにしても、正社員のみ採用の場合があったり、働いていたときと環境が変わっていて、
元の職場に戻ることができない(戻りたくない)こともよくある話です。

出産や結婚により以前の職場が遠くなり、もっと近くで働きたいこともあります。

元の職場よりも好条件であなたの希望にも沿った職場がある可能性はいくらでもあります。

「わざわざ探すのが面倒」「前の職場よりいい職場はない!」

なんて思っているなら本当に損です!!

パートで雇われたとしたら時給が100円違うだけでも年間にすると大きな差額になります。

家から遠い場所になればそれだけ時間を費やし、慌ただしい生活になります。

環境(人間関係)がいいだけで仕事にやりがいが出て楽しく働けます。

ちょっとした最初の苦労がすぐ後には大きく響きます。

 

少しでもいい職場を見つけるために、薬剤師のあなたの様な人専門のサービスがあります。

薬剤師の資格をもった人専門のファルマスタッフです。

名前・生年月日・住所・TEL・アドレス

雇用形態(社員・パート・派遣)・勤務先(薬局・ドラッグストア・病院・etc…)

現在のあなたの状況

これだけの項目を入力するだけで(60秒かからず)、薬剤師だけの求職情報があなたの元に届きます。

また、求人情報誌には無い未公開の情報まで手に入ります。

これは薬剤師の求人に特化したファルマスタッフだからこそ!

通常の求人情報誌では得ることが出来ない情報も含め、たくさんの選択肢の中からあなたの要望に1番マッチした職場を見つけることができます。

もちろん求人情報誌と同じ案件もありますが、情報誌では得られない細かな情報までしっかりとキャッチアップしあなたにお届けします。

また、面接が苦手な人はスタッフに面接日が決まり次第相談し、面接に同席してもらうことも可能!

「あと少し給料がなんとかならないかな…」なんて時にもスタッフに相談すれば相談しづらい給与面での交渉を依頼することもできます!

就職後のアフターサービスまでしっかりフォローしてくれるので安心して勤務先を探せます。

 

薬剤師に復帰

薬剤師という仕事の大きなやりがいは、患者さんと薬の架け橋になれることです。

薬局で働く薬剤師は、薬を処方するときに必ず患者さんに薬について説明しないといけません。

その薬がどんな効用のあるのか、どのように服用すれば良いのか、どんな副作用が考えられるかを丁寧に説明して患者さんに理解してもらうのです。

この説明によって患者さん自身が薬の正しい知識を持つことで、確実な服用につながり健康な体へ回復に向かいます。

何度も薬局を訪れる患者さんが、自分の手渡す薬によって症状が改善していくのを見ると、薬剤師は治療をサポートしている喜びを感じることができるのです。

最近では、医療現場での「インフォームドコンセント(患者さんが医師から十分な説明を受けた上で治療方針に合意すること)」が重視され始めたことや、

インターネットの普及で一般人でも簡単に医薬品の情報を調べられるようになったことから、自分の使っている薬に関心をもつ患者さんも増えてきました。

薬を手渡されるとき、薬剤師に積極的に質問してくる人も多いのです。

こうした患者さんに対して、わかりやすい説明ができて「あなたに聞いて良かった!」と言ってもらえたときにも、やりがいを感じることができます。

薬剤師は、患者さんと薬の架け橋として欠かすことのできない存在なのです。

 

薬剤師の資格は活用すべき!

上記でも記載したように、薬剤師は通常の職業よりも給与面でも高く、

これから待ち受ける高齢化社会において必ず必要な職業です。

今ではファルマスタッフ活用すれば簡単にいい環境の職場が見つかります!

せっかく薬剤師の資格を持っているなら、家族のために、患者さんのために、

これからの社会のためにも是非、薬剤師として復帰してください。

そして、少しでも健康な人を増やしてくださいね♥

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA