結婚しても子供がいても看護師を続るために必要な転職知識

結婚しても、子供がいても看護師を続けたい!

必死に勉強をして勝ち取った国家資格の看護師免許。

看護師の資格は、一生役に立つ、職に困らない職業だと思っています。

まだまだ続く高齢化釈迦において、なくてはならない職業であり、
年配の方、これから高齢になる方、今の若者からの希望の光です。

看護師の男女の比率は男性が10%にも満たないほぼ女性社会。
となると、女性ならではの課題が出てきます。

女性となれば、いつかは結婚、出産、育児を想定されると思います。

しかし、結婚したとなると主婦と兼業になり、家庭を守りつつ看護の仕事をすることになると
なかなかハードな毎日に。

夜勤があれば夫とのすれ違いも生まれ、お互いに不満も生まれてしまいます。

妊娠し、子供ができたとなると、看護師の仕事を休職し、
出産後は育児に明け暮れる日々となります。

結婚も、妊娠も、出産も子育てもとても大切なことではありますが、
それらを理由にせっかく手に入れた看護師という資格を無駄にしてほしくありません。

 

看護師の結婚

看護師のお仕事は、通常の職業とは異なるため、独身であればハードな一面、
高収入な見返りもある、とても優秀な職業です。

しかし、結婚をすることでそれらが大きな問題にもなりかねます。
もちろん、旦那となるパートナーが良き理解者であれば問題ないのですが、
なかなかそうも行かないのが世の中です。

勤務時間

やはり、結婚において1番ネックになってしまうのが勤務時間であり、看護師ならではの夜勤が1番問題になります。職場にもよりますが、夜勤のある看護師さんがほとんど。
夜勤となると夕方から翌日の朝までの勤務になるため、夫が帰宅する前に出勤し、帰宅時には夫は出勤している状態。帰宅し、休息をとれば夫が帰宅するまで家事もできない状態。

生活時間も違えば、家事もなかなか出来ない状態ともなれば夫からは
「もうちょっとやってくれよ」と不満が。
そしてあなたからは
「少しくらい手伝ってよ」と不満が。

夫婦喧嘩の元になりかねません。

 

浮気の心配

考えたくない事ですが、実際に経験された方が意外と多いこの事例。

勤務時間によるすれ違いから生まれるものですが、
夫婦間に溝が生じた上に、夫に余裕ある時間を与えてしまうことで
別の女性への興味から浮気に発展することも考えられます。

実際に看護師の方で、勤務時間が原因で浮気されたケースも少なくありません。

夫婦喧嘩どころか離婚問題に発展しかねない大問題です。

 

経済面

看護師の場合、夫よりも収入が多いケースもよくあることです。

そんな中であなたが看護師を辞めてしまったときに家庭の経済面が
一気に右肩下がりなんてことも考えられます。

お金が全てではありませんが、これからの結婚生活において
金銭的な余裕がなくなってしまうことは非常に大きな問題となりえます。

 

看護師の子育て

勤務時間が少し特殊な看護師という職業にとって、子育ては非常に難しいものです。

高収入であり、今後必ず子育てに必要となるお金は看護師を続けることで、
多少は他の家庭よりも裕福な暮らしが想定できます。

子育てを優先するか、お金を優先するか、悩みどころです。

子供との時間

パートやアルバイトと違って、しっかりとした勤務時間により拘束されますし、
夜勤が入れば、夫との生活同様にすれ違いが起きてしまいます。

出産直後であれば、平日に夫に子供を預けるのは困難で、
夫婦喧嘩の原因にもなりかねません。

何よりも、子供にとって1番必要な子供とあなたの時間がとれない日がでてきてしまう。

これが一番懸念されることだと思います。

 

子供の面倒

土日などの夫が休日であり、夫が理解ある男性であれば子供を預けて仕事をすることは可能です。

問題は夜勤時で、夕方から翌日の午前中までとなれば、土日でもない限り夫に預けることも難しく、
保育園ともなると時間外で費用が高くかかってしまいます。

親が近所に住んでいたとしても毎回お願いするわけにもいかず、出産直後であれば
なおさら預けることは難しくなります。

 

結婚・出産後も看護師を続けたい

せっかく手に入れた国家資格。

  • 人を助けたい。
  • 命を救う仕事がしたい。
  • 責任感がある仕事がしたい。
  • 女性でも高収入な仕事がしたい。

理由は何であれ、並ならぬ努力がないと掴み取れない資格です。

結婚や出産をしても続けれるなら続けたいですよね。

問題は勤務時間や子供のこと。

夜勤のない職場はもちろん、24時間体制の託児所を設けている病院があることをご存知ですか?

今は働く奥さん・ママさんのために働きやすい環境をつくる努力をされている病院がたくさんあります。

 

転職は不安

いくら主婦や子育てを応援してくれる環境があったとしても、
今の慣れた環境から新しい環境に身を置き働くのは勇気がいるものです。

  • 性格的に合わなさそうな人がいたらどうしよう…
  • 給料がかなり低くなってしまったら困る。
  • 職場が家から、駅からどれぐらい遠いんだろう?
  • 求人広告の様に本当に仲良く働いているのだろうか?
    その中に自分は入れるのだろうか?
  • 休日は年間にどれだけあるんだろう?
  • 本当に夜勤がないの?残業ないの?
  • 同い年ぐらいの人はどれぐらいいるのかな…
  • 看護師長さんは優しそうな人なの?私と合いそうかな?
  • スキルが身につき成長できる環境だろうか…

心配な要素は人それぞれでたくさんあるものです。

そんな不安をすべてキレイさっぱり解決し、あなたの転職を気持ちよく手伝ってくれるサービスが存在します。

それが看護のお仕事です。

看護のお仕事は全国の医療機関ほぼ全ての事業情報を持っていて、その膨大な情報量の中からあなたの希望にあった病院を紹介してくれます。

 

【看護のお仕事】の魅力

今や看護師向けのあなたを惑わせるほど、たくさんの看護師転職メディアが存在します。

その中でも看護のお仕事は本当に看護師のことを理解した上で看護師のために全力でサポートをしてくれるので安心です。

まず、忙しい看護師のために登録は約1分で終わります。(おそらく1分もかかりません)

これだけでも看護師のあなたへの思いやりが感じられます。

 

全国12万件以上の事業所をカバー

全国の主要となる病院から小さな診療所までカバーしています。

これは転職を希望する看護師の希望を少しでも叶える為に実現されたカバー率です。

職場の立地から給料面、待遇や職場環境などは人それぞれですが、少しでもその希望に近づけるためには漏れなく全国をカバーする必要があるんですね。

 

どのメディアよりも入り込む

人間関係や環境、雰囲気、離職率に周りの評判までデータや病院側からの表現でなく、

外から見た情報までしっかり把握しています。

入社してから「聞いていたのと違った」ということが極限まで減るように、

あなたの不安を取り除き、希望に合わせた職場が紹介できるようになっています。

 

あなたよりも必死に

入社してからある程度関係性が築けて、発言力を持てるようになれば交渉は可能ですが、

入社してすぐに給料や夜勤日数、有給の頻度などをあなたの代わりに全力で交渉します。

入社してから、「こう言っておけばよかった」「最低でも月1回は有給を取らせて欲しい」

といった後悔をしてほしくないのです。

 

正直で明快

看護のお仕事は登録された看護師の方に担当として一人つきますが、

あなたのことを考えて包み隠さずに情報を与えてくれます。

「子育てには理解のある病院ですが、その分お給料が少し下がってしまいます」

「給料面ももう一度交渉してみますね!」

なんて会話ができるのがこの【看護のお仕事】です。

また、あなたのコトも優しく、時に厳しくアドバイスをしてくれるので本当に親身になって相談にものってもらえる転職の相棒のような存在になります。

 

転職後もしっかりサポート

「転職したので、はい!終わり!」ではなく、転職までしっかりサポートし、

築き上げた絆を切り捨てることもなく、転職後の相談やアドバイス。

最悪、また再度転職の相談まで気軽にできます。

実際に、転職したあとの相談を電話などでしている人も少なくありません。

それだけの関係性を築き上げれるほど親身なのが【看護のお仕事】です。

 

看護のお仕事で転職の相談をする

 

少しでも環境が変わる予定があるなら

近い未来、遠い未来どちらにせよ、あなたの看護師の環境が少しでも変わる予定があるのなら

情報収集だけでも相談してみるといいかと思います。

世の中は、情報社会ですので知らないよりも知っている人が有利です。

そして、冒頭にもお伝えしたように看護師という国家資格は本当に貴重なもので、

ちょっとした環境の変化で諦めて欲しくありません。

どんな環境においてもあなたが看護師として働ける場所はあるはずです。

これからの日本の未来も踏まえ、ぜひ看護師を続けて下さいね♡

 

結婚しても、出産しても看護師を続けるなら看護のお仕事

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA